連載コラム 前略 マラソン課長より 事務局の取組みや想いを綴ります

2018開催状況-第14回

エイドステーションでのフードの提供状況について(その3)

フード

さて、今回はお馴染みの重鎮からお話を伺いました。
「海鮮丼」を無償提供くださった函館朝市協同組合連合会、船岡副理事長:いやー何だかさ、今回2400杯も出たよ、新記録だよ!/マラソン事務局に「海鮮丼は量が多すぎて食べられない…という声があるから、ひとくちサイズの小さいのも作って!」なんて言われてさ/そんでホイホイ、ひとくちサイズをつくったら面白いようにみんな食べていったね/知ってたかい?あの小さい方にはさ、実はカニも入ってたんだよ/味が違うから大きいのと小さいのと両方食べる人も居てさ/「だめだよ!」とも言えないし、まあ喜んで食べてもらったから…ま、いいか/来年?来年は同じ構成でいいんじゃないか?(※事務局注:ふふふふ)/だって今回で3回目だろ、海鮮丼をマラソンで出してからさ/1回目は足りなくて悲しい思いをさせてしまって、2回目は、大量に用意したら実はちょっと具材が余ってさ/ほんで今回はベストバランスね/終わったあとでリタイアした人たちやスタッフさんにも振る舞えたし、ちょうどいい分量だったね/ランナーもスタッフも…みんなホント喜んでたね/今回は大雨だったけどさ、その分、みんなで「何とかしなきゃ!」という気持ちで頑張ったんだわ/だから現場はピンと引き締まってたね/みんないい仕事してたわ

 

 

Twitter Facebook Googleplus HatenaBookmark LINE