連載コラム 前略 マラソン課長より 事務局の取組みや想いを綴ります

2018準備状況-第28回

エントリー終了!定員達成!

その他

いや~感慨深いものがありますね…何がって?それはもう、このたびの定員達成です。

本年2月19日からはじまったエントリーでしたが、今回は、
・2017大会のランネット得点、いいかんじだった
・アンケートの結果も上々だった
・諸々の改善も進めてきた。2018大会は、より良い大会になるはずだ
…だから今回は、瞬殺とはならなくとも結構早い段階で定員に到達するだろう…などと思っておりました。

しかし、このような甘い考えは、エントリー開始のその日、打ち砕かれました。

エントリーの受付管理画面を見ると、申込み状況を端的に顕すカウンターの数字は、クリックして更新するたびに刻々と変化してまいります。21時のエントリー開始からその数字はぐんぐんと伸びてゆき、「あーよかった!」と安堵していたところ、そうですね2時間を経過した頃からでしょうか、「あれ?何だか勢いが感じられないわな」、「もしかして止まった?まさか…早すぎるって」、「あれ?やっぱり止まってる…マズいなこれ」という状況となり、結果、この日からまた昨年同様に禁酒、禁スロ(※これは最近、ほとんどやらなくなっておりましたが)の生活を送りながら、参加者増を念じる日々が繰り返されることとなったのでありました。

日々のエントリーが振るわないなかで、珍しく家庭内でも落ち込んでいるように見えたのでしょうね。2月下旬のある日、カミさんから厳しく叱責されたのでありました。
・フル1回目の一昨年は、東京ドームに行ってPRしたり色々動いてたよね?
・去年は青梅マラソンに行って、お客さんに直接PRしてたよね?
・それが今年は…なんにもしてないよね?点数が少し良かったからって余裕かましてたんじゃないの?
・函館市内からのエントリーが悪いんでしょ?家でため息をついてるヒマあったらラジオでもテレビでも新聞でも何でも出てさ、PRしなさいっての!それが仕事!

結婚27年目ともなると遠慮もなくて…そして人間、痛いところを突かれるとハラが立ちますね…でもまあその突かれたところは物事の「本質」なのでありまして。

ただ、その日以降、なぜかしらラジオとテレビと新聞のお話を連続していただきました。

「ウチらは黒子だから絶対に目立たない!」ということで、これまで一貫して顔はおろか新聞取材時のコメントでさえ名前すら出さないようにお願いしてきた私でしたが、こうなりゃそんなことはどうでもいい、エントリー増になるならなんでもヤル!と、あっさり宗旨替えしてバンバン出ることとしたのでありました。

それが奏功して…ということでは決してありませんが、本当に多くの方にお助けいただいて…記録的豪雪による影響から伸び悩んでいた当地からのエントリーも雪解けとともに回復、そして本日、昨年よりも9日早い段階で定員に達成した次第です。エントリーいただいた皆様、本当にありがとうございました。

また、諸事情があって詳しく書けないのは残念ですが、主要駅におけるポスター掲示をはじめ地域の新聞、ラジオ、コミュニティFM、CATVで繰り返し取り上げていただいたこと、ランナー向け媒体で何度も全国に情報発信いただいたこと、さらに全道ネットワークでのテレビCM!、スポーツ全国紙での大プッシュ、驚いたのはBSのラン新番組…などなど、本当に多くの皆様からご協力、いや、これはもうご協賛と表現した方が適切と思しき物心両面でのお力添えをいただき、本日を迎えることができました。心よりの感謝を申しあげます。

結びに…余談ですが(※とはいえこの場は、ほぼ「余談」ですよね…ふふ)、私事で申し訳ありません2018大会の開催日たる7月1日は、このように今ではすっかり怖くなった我が奥方と私との28回目の結婚記念日でもあります。だから、そうした個人的事情によりその日は何がなんでも「佳き日」としなければなりません。よって2018函館マラソンにご参画いただく皆さんにとってその日が「佳き日」となるよう、さあ本日からまた準備に全力を尽くしてまいりますね。

そして皆様方におかれましてはこれからが本番です。日々のトレーニングに勤しんでいただき、函館の風や坂に負けないカラダを作り上げて函館マラソンに臨まれ、完走、そして願わくは自己新記録を達成されますことをご祈念申しあげます。それでは本年7月1日の日曜日、函館でお待ちしております!

Twitter Facebook Googleplus HatenaBookmark LINE